すべての常識を壊した映画 「帰ってきたヒトラー」の感想

この映画を知ったのは、ネット上の広告でした。“もしも、あの独裁者アドルフ・ヒトラーが現代にいたら”をテーマにした作品で、今までのヒトラーを題材にした作品とは異なり、コメディ映画として作られており、過去のヒトラーの映画のパロディやIFをふんだんに盛り込んだ作品となっています。
 主演を務めた、俳優のオリバー・マスッチの完成度の高いヒトラーの役柄や、今までの映画には無かったドキュメンタリータッチの作風には驚かされ、しかも、ほとんどのシーンではエキストラではなく、実際の町の人や、本物のドイツの政党の党員や政治家を起用する等、本物でしか見る事の出来ない反応や受け答えを映画で見る事ができて、良い意味で今までの映画に対する常識を壊してくれました。
 そして、中でも一番印象に残ったのは、実際のドイツに起こっている問題をもしこの場にヒトラーがいたらという仮定で話が進んでいくものでした。雇用問題や教育問題等、現実におけるヒトラーが政権を握った時と同じ問題をかかえているドイツを見ていると、歴史は繰り返されると改めて認識されるのと同時に、この時代ヒトラーの様な人間がいたらどうなるのかと考えさせられた作品でもありました。
 しかし、ドイツが現在抱えている問題は日本でも抱えている問題でもあり、映画を見ている時、日本に置き換えて見てみると、実際にやった事は決して褒められることでもなければ、許される事でもありませんが、今の日本に必要なのは、もしかしたら、ヒトラーの様なカリスマ性を持ったリーダーなのでは、と一瞬頭を過りました。
 映画のラストも衝撃的なものであり、見ていた時、思わず“うわっ”と声をだしてしまいました。私が今まで見た映画の中で最もインパクトのあるシーンで、とても、言葉では言い表せないものでありました。しかし、中でも一番考えさせられたのが、もしもヒトラーがいたら、人々はどこに向かうのか、向かわされるのか、賛同し英雄として称え、再び破滅の道に行くのか、それとも、過ちは繰り返さず抗うか、作り物とはわかっていても、ここまで考えさせられた作品はほかにはありません。銀座カラー メール